奥森ボウイ先生の大ヒットエロデジコミ 【俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!】32話『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(1)』のあらすじを画像を絡めて内容をレビューしています。

この記事は、俺得修学旅行のスマホ版最新話32話『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(1)』のネタバレ気味の内容になりますので、あなたがネタバレNGってことなら、今すぐ下記の画像バナーをタップして、スマホで本編をご覧になって下さいね、無料立ち読みもできますよ。

【俺得修学旅行~
男は女装した俺だけ!!】

32話
『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(1)』

↓↓↓↓↓

Lunarber
▲修学旅行最後の夜に…▲

☑俺得修学旅行32話『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(1)』あらすじ・画像・レビュー

勇太と篠山カメ子率いる生徒会処女組のエロい泡踊りを見せられた星女の生徒たち…

エッチなムラムラ感が、大浴場全体に広がって、押させきれずに行動に移す者も出てきた。

そこへ、富士山とのバトルを終えた夏目ルナが、大浴場に入ってくる。

辺りのハレンチな様子を見て、狐の面をかぶった北条那由華に

「生徒会長(トップ)が猫なんかかぶってちゃカッコ悪いぞ…」

と、このハレンチな事態の収拾を促すと…

面を外し、トップらしく堂々と大声で号令をかける北条那由華。

oretoku32-33s

その号令に、我を忘れていた会場全体が、ピリッと閉まるのだが、裁判長のキャッシー先生、そして被告人の勇太がのぼせてしまい、ダウンしていた。

北条那由華曰く、

「わたしは胸のある男を見たことがない…」

と、勇太という男性は、もともと存在しなかったということで、裁判の決着をつけるのだが、裁判長、被告人を退席させ、修学旅行最後の夜、全員が集結するのは最後ということもあり、裸の女子たちの「学園裁判(おしゃべり)」は、続けられるのだった…。

……

深夜…、湯あたりした勇太は、富士山らとバトルした旅館の救護室で目を覚ます。

膨れた胸の乳首に軽い痛みを感じながら、トイレで用を足していると、そこへ夏目ルナが入ってきて、「学園裁判」の結果を伝えるのだが…

oretoku32-2

oretoku32-3

oretoku32-b

⇒33話へ続く

 

31話へ戻る⇐

俺得スマホ版32話
『深夜のトイレに響き渡るルナ姉の…(1)』
本編はコチラ
画像をタップ!!
↓↓↓↓


▲無料立ち読みもできる!!▲